気候の変化と体調管理について。

だんだん寒さが増してきました。今回は気候の変化と体調管理についてお話をお伺いしました。

最近は急に冷え込んだかと思うと、翌日は真夏のような蒸し暑さになるなど、気温差が激しい季節のせいか、体調を崩す人が多くなります。急激な気温の変化で、自律神経のバランスが悪くなり、体調を維持するリズムが崩れがちです。特に、この季節、身体を冷やして風邪を引いてしまう・・・という人が多いようです。また、この時期は気圧の変化も大きく、特に低気圧のときは、憂鬱な気分になり、仕事に集中できないなどといった精神的な症状が表れることもあります。このように、天候の変化が病状の変化に強く関係しているものを気象病と呼んでいます。たとえば、よく耳にする関節などの古傷の痛み、頭痛をはじめ、天気が崩れるときに症状が出やすい気管支喘息などがあります。



身体に表れる症状には様々な要因があり、気温差が激しくなれば、すべての人にこのような症状が出るわけではありませんが、最近では、自然の気温差だけでなく、室内の気温差、つまり、冷房病も気象病のひとつとして考えられています。季節の変わり目でも、春から夏にかけて特に体調を崩しやすいのには、春は進学や就職といった環境の変化が大きく、その変化と気温の変化の両方が影響して症状が出やすいともいわれています。



では、どう対応していけばよいでしょうか。

このような体調不良の原因に、急激な気温差による自律神経のバランスの乱れがあげられます。自律神経とは、体内の環境を整える神経で、緊張しているときの神経=交感神経とリラックスしているときの神経=副交感神経がありますが、このスイッチの切り替えがうまくいかないと体調を崩してしまいます。普段は必要に応じて、自動的にスイッチが切り替わりますが、急激な気温や気圧の変化などで、この切り替えがうまくいかなくなり、体調だけでなく、気分が憂鬱といった精神的な症状も表れてしまいます。いわゆる自律神経失調症とはこのような症状のことをいいます。



何となく気分がすぐれないと感じることは、身体からの「休憩サイン」かもしれません。「休憩サイン」を感じたときには、あまり無理をせず、十分な睡眠と休養、バランスのよい食事を心がけ、自分なりのストレス解消法で、心身ともにメンテナンスをする日を作ってみましょう。